グリチルリチン酸ジカリウム配合商品の女性の髪の毛への育毛効果と使い方を解説

女性の育毛には殺菌が大事

グリチルリチン酸2Kは、消炎・殺菌作用がある成分で、『グリチルリチン酸ジカリウム』『甘草エキス』とも呼ばれています。

甘草を煮出して抽出する天然成分で、にきび治療や化粧品、アレルギー治療など幅広く使われています
また、しょうゆや漬物などの食品、トローチなどの医薬品に使われることもあります。

  • 飲むことによっても、塗ることによっても効果があります。

食べてよし、塗ってよしの万能成分

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草エキス)は、
育毛剤から化粧品、食品にいたるまで、私たちを取り巻く多種多様なものに含まれています

名前も『グリチルリチン酸2K』『カンゾウエキス』『リコリス』など色々。

その甘さはなんと砂糖の50倍とも言われています。
独特の風味があるので、砂糖代わりに食卓に並ぶことはありませんが、調味料やお菓子によく使われています

普通に日常生活を送っていても、この成分の恩恵を受けているんですね。
名前こそ複雑ですが、実はとても身近な、なじみ深い成分なのです。

強力な抗炎症作用が効く

グリチルリチン酸2Kの主な効果は、

  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用

この2つです。

強力な抗炎症作用があるにもかかわらず刺激が少ないので、敏感肌用の化粧品などにもよく配合されています。
育毛に関しては、頭皮の炎症を抑え健やかな地肌を作る効果が期待できます。

ただ、グリチルリチン酸2Kだけでは髪を増やすことはできませんので、他の成分と組み合わせることが大切です。
特にオススメなのが毛母細胞を刺激するアデノシン
アデノシンについては別記事で取り上げていますので、こちらもぜひ読んでみてくださいね。

薬なの?副作用は?

グリチルリチン酸2Kの副作用の心配をする女性

グリチルリチン酸2Kは、にきびやアレルギー症状を抑えるためにも使われており、
薬事法によって製品に入れる量の上限が決まっています。

具体的には『粘膜以外に使用し、洗い流さない化粧品の場合は0.5%未満に限る』です。

また、配合量によって『医薬部外品』か『化粧品』かの表記が分かれます

ただし、医薬部外品のシャンプーであっても配合量は0.1%未満ですので、
シャンプーや育毛剤を使用する限りは気にする必要はないといえるでしょう。

使い方は?何に含まれているの?

グリチルリチン酸2Kはシャンプーや育毛剤によく含まれています。

この成分自体に育毛効果があるわけではありませんが、育毛効果が出やすいように炎症を鎮め、頭皮環境を整えてくれます

外回りの仕事で紫外線のダメージを受けやすい人フケやかゆみが気になる人は、
グリチルリチン酸2K入りのシャンプーや育毛剤を試してみる価値があるかもしれません。