薄毛の最大原因は女性ホルモンにあった!バランスを整えることが抜け毛予防の第一歩

女性ホルモンが薄毛のカギを握る

女性ホルモンが薄毛や抜け毛の原因となると解説する人

女性の薄毛・抜け毛の最大の原因となるのが『ホルモンバランスの変化』です。

ホルモンバランスの変化はストレスや投薬によっても起こりますが、
特に大きな変化が訪れるのが『出産』と『閉経後(更年期)です。

この2つは時期も違えば理由も違いますし、もちろん対策も異なります。
ホルモンバランスと一言では言い切れないのです。

出産によるホルモンバランスの変化は『増えたものが、元に戻る』

出産後の抜け毛に悩む女性は少なくありません。
突然抜け毛の量が増えるため、そのショックはかなり大きなものです。

しかし、これは元々、異常でもなんでもありません。

抜け毛の原因となるのは女性ホルモンのエストロゲンですが、これは妊娠時に『増えて』います
それに伴い、実は髪の毛も『増えて』いるのです。

出産後、エストロゲンは正常な分泌量に戻ります。
その結果、増えていた分の元の髪の量に戻るのです。

『トラブルにより髪が抜けていく』のではなく、『髪が抜けるのは正常』なんですね。
そのため、抜け毛はホルモンバランスが正常に戻るころ、一年後ぐらいにはおさまります

とはいえ、一年弱増えていた髪が減るわけですから、ヘアスタイルを変える必要がありますし、何より気分がよくありませんよね。

出産後は髪だけでなく、体全体が元通りになる大事な時期。
抜け毛がストレスになってしまっては元も子もありません。

世の中には産後専用の育毛シャンプーや育毛剤などもあります。
気になる方は使用してみるのも手です。

また、産後のホルモンバランス異常は染毛能力を低下させ、急激に白髪が増加することも珍しくありません

これまで白髪とは無縁だった方は急に襲ってきた加齢現象に焦り、ドラッグストアやスーパーマーケットで売っている市販白髪染めを使ってしまうケースがほとんどです。

しかし、低品質な染毛剤使用は育毛・薄毛防止の観点から「絶対にNG」な行為です。
ジアミンをはじめとする成分が頭皮を刺激し、抜け毛を促進してしまうリスクがあるからです。

同じ白髪染めでもヘアケアを両立し、自然由来成分のみで構成されたトリートメント型染毛剤なども登場しているので育毛剤による効果を最大限活かすためにも活用していただけたらと思います。

閉経(更年期)によるホルモンバランスの変化は『もう、増えない』

閉経(更年期)のホルモンバランスの変化は、出産とは事情が異なります。
これはエストロゲンの分泌が激減したことによる薄毛・抜け毛であり、放っておいても改善しません

ただ、これも病気ではなく、人間の体の仕組みからして当然のこと。

この時期は抜け毛・薄毛だけでなく、様々な更年期の症状が出始める時期でもあります。
変化が起こることを受け入れながら対策していくことが大切です。

この時期の育毛対策は文字通り『継続』が大切になります。
髪を育てる女性ホルモンが体内で増えることは期待できませんので、育毛剤や育毛シャンプーを使って補っていきます。
対策を止めると育毛効果も止まってしまいますから、何よりもまず習慣化を心がけてください。

ちなみに、育毛剤の効果が現れ始めるのは『半年後』と言われています。
長丁場ですが、半年間は諦めないで育毛対策を続けましょう。

どの育毛剤が合うかは個人差があるため、最終的には自分で試すしかありません
当サイトでも紹介していますので、自分の症状にあわせて選んでみてください。